秋雨前線通過中の雨情報は高精度な気象API「Lifesocket」にお任せ

秋雨前線や梅雨前線など、前線という言葉は天気予報ではよく聞く単語です。前線は冷たい空気と温かい空気の境界線で、風向、風速の変化や降水を伴っていることが多いです。雨の発生原因はそれだけではないので単純に近いだけで雨が降るとはいえませんが、近くなったら天候が悪くなることに気をつけるべきなのが前線です。

記事を見る

花粉シーズン!他社商品と差別化するには「天気」が鍵

日常生活に支障をきたすほどの鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった症状が現れる花粉症は、アレルギー症状の一種であり、完治させることは容易ではありません。しかし、入念に対策を行えば、花粉症が及ぼす日常生活への影響を軽減することが可能です。

記事を見る

大雨対策が必要な時期は?天気の情報収集に役立つサービスをご紹介します

大雨は思わぬ災害になることがあり、命の危険に晒されることさえあり得る、油断できない気象です。ここでは大雨が降りやすい時期、対策が必要な大雨のレベルについて詳細に説明します。さらに、大雨から自分の身を守るための情報収集を使用する側の視点に立って紹介します。

記事を見る



乾燥すると火事が発生しやすい?湿度確認に役立つAPIがあります

関東など太平洋側の地域では、一年の中でもっとも乾燥しやすい季節は冬です。冬には火事が発生しやすいのでより一層注意が必要です。消防庁によると平成29年で建物の火事の原因で多いのは放火を除くとコンロ、タバコ、ストーブなどの暖房器具といった火を扱うものとなっています。

記事を見る




サービス紹介資料(無料)

Lifesocketのサービス資料(全33ページ)です。APIラインナップや取得可能な情報、API実装イメージなどをご覧いただけます。フォームにご入力後、すぐにダウンロードができます。
Lifesocketサービス紹介資料

天気API:Lifesocket

Lifesocketでは天気予報や生活指数情報(花粉、紫外線など)をセットにしたAPIを提供しています。各APIはピンポイント地点(市区町村:約2,000地点)、緯度経度に対応、30日間無料で利用もできます。ぜひ、お試しください。

天気予報APIに関するお問い合わせ

天気予報APIサービスに関するご質問、導入や費用のご相談など、お気軽にご連絡ください。