weather apiで「日ごと、1時間ごと」の天気データを取得

本記事ではweather api(天気予報API)でどのようなことができるのか紹介いたします。詳細な機能、レスポンス項目、サンプルについてもご紹介いたしますので、お読みいただくことでLifesocket「天気予報取得API」の具体的な仕様の理解が深まる記事となっております。

記事を見る


【初心者でもわかる】API連携とは?利用するメリット・API連携方法を具体例付きで紹介

APIについてご存じでしょうか。API連携で具体的に何ができるかわからない方も多いかと思います。APIとは、ソフトウェアやプログラムなどお互いをつなぐインターフェイスのことで、身の回りの多くのサービスがAPI連携をしています。 今回は、APIで何ができるか、APIの特徴とメリットについてご紹介します。最後に、Lifesocketサービスの天気APIを使ってどのように実装するかご紹介いたしますので、是非API連携をお試しください。

記事を見る



夏バテの原因と症状は?予防のために活用したお天気情報

暑い日の連続に、漠然とした「疲れ」を感じたことはないでしょうか? その症状は、いわゆる「夏バテ」かもしれません。疲れを見てみぬふりしていると、どんどん身体に蓄積されていきます。お天気情報の確認による夏バテ予防と、疲れを感じたときの夏バテ対策で厳しい夏を乗り切りましょう。こちらでは夏バテの一般的な症状や夏バテ対策、夏バテの予防法についてご紹介します。

記事を見る

サービス紹介資料(無料)

Lifesocketのサービス資料(全33ページ)です。APIラインナップや取得可能な情報、API実装イメージなどをご覧いただけます。フォームにご入力後、すぐにダウンロードができます。
Lifesocketサービス紹介資料

天気API:Lifesocket

Lifesocketでは天気予報や生活指数情報(花粉、紫外線など)をセットにしたAPIを提供しています。各APIはピンポイント地点(市区町村:約2,000地点)、緯度経度に対応、30日間無料で利用もできます。ぜひ、お試しください。

天気予報APIに関するお問い合わせ

天気予報APIサービスに関するご質問、導入や費用のご相談など、お気軽にご連絡ください。