catch-img

花粉データ|花粉症シーズンに使える飛散データの取得方法

本記事ではLifesocketで提供している花粉APIについてのご紹介と、その他生活指数APIについてご紹介いたします。多くのラインナップを取り揃えておりますので、是非30日間の無料トライアルでお試しください。

目次[非表示]

  1. 1.花粉データの取得方法
  2. 2.花粉データ取得方法の違い(CSVとAPIの違い)
  3. 3.花粉データを利用できるAPIについて
  4. 4.花粉データもわかる生活指数APIについてQ&A
  5. 5.花粉データもわかる生活指数APIのレスポンス情報
  6. 6.最後に・あわせて読みたい記事

花粉データの取得方法

花粉のデータを取得したいとき、どのような方法があるのかご紹介いたします。

花粉のデータを提供しているサービス・会社はいくつかありますが、多くはCSVでデータをダウンロードして花粉情報を取得できる方法となっています。環境庁のサイトをはじめ、他サイトでも日本全国エリア別に過去データをダウンロードできるようになっています。

ただ、花粉のデータを取得するのはCSVダウンロードだけではありません。他にもAPIで情報を取得する、といった手段があります。花粉APIとは、各地点の花粉散布量の情報を指数データとして取得できるAPIです。花粉は気象条件によって大きく飛散量が変わり、現在では生活をしてく上で欠かせない情報になっています。また、花粉が飛ぶ時期は地域や植物によって異なりますが、主に春を中心に花粉症に悩まされる人が多い傾向にあります。このように花粉の情報は我々の生活に密着した情報であるため、花粉データをより使いやすい「API」という形で利用してもらうことで、自社サービスに付加価値をつけることが出来たり、データの分析に役立てたりなど、様々な使い方があります。

花粉データ取得方法の違い(CSVとAPIの違い)

では、CSVでデータを取得するのと、API連携をしデータを取得するのではどのような違いがあるのかご存じでしょうか。

そもそも『CSV』とは、テキストやデータをカンマで区切ったテキストファイルです。データを連携する際には、ファイル形式をダウンロードし、更に使用したいプロダクトにアップロードする作業が発生します。そのため、手作業でデータの連携を行う必要があります。

つぎに『API』とは、ソフトウェアやプログラムなど、お互いをつなぐインターフェイスのことであり、自動でデータ連携を行うことが出来ます。開発が伴いますが、システム同士をAPIでつなげることで、データのやり取りを自動で行うことができ、タイムリーな情報取得が可能です。

花粉データを利用できるAPIについて

花粉APIの特徴についてご紹介いたします。花粉APIの多くは、都道府県ごとのデータよりも詳細なエリアのデータを取得することが可能となっています。
また、数日先までの予報データを全国的に取得することが出来ます。

Lifesocketでも「花粉指数(スギ、ヒノキ対象)API」を提供しており、最大7日間の日ごと花粉指数情報を取得することができます。Lifesocketでは下記のように5段階の指数でAPIを提供しております。 

ほぼなし(花粉がほとんど飛散していない状態です)

少ない(花粉飛散量が少ない状態です)

やや多い(花粉飛散量がやや多い状態です)

多い(花粉飛散量が多い状態です)

非常に多い(花粉飛散量が非常に多い状態です)

【Lifesocket提供-花粉指数APIについて】

  • 指定したピンポイントもしくは緯度経度のスギヒノキ花粉指数(以下、花粉指数)の情報を取得できます。
  • 当APIはスギヒノキ花粉のシーズン中(配信目安:1月中旬~6月)のご提供です。
  • 当APIは一部地域(北海道、沖縄、一部の島)は花粉シーズン中でも花粉の飛散がほぼないため提供しておりません。※具体的な配信対象地点はこちらからお問い合わせください。
  • 最大7日間の日ごと花粉指数情報を取得できます。
  • ご契約のプランごとに、1分間に利用可能なアクセス数が設定されています。

【スギヒノキ花粉飛散指数のレスポンス項目】

  • AnnounceDatetime:発表日時
  • RegionCode:地方コード 
  • RegionName:地方名 
  • PrefCode:都道府県コード 
  • PrefName:都道府県名 
  • AreaCode:地域コード 
  • AreaName:地域名 
  • PinpointCode:ピンポイントコード 
  • PinpointName:ピンポイント名 
  • Daily:日ごと天気リスト 
    • DateTime:予報日時
    • Index:花粉指数Index
    • IndexText:Index説明(例:少ない)
    • IndexCommentary:詳細(例:花粉飛散量は少ないでしょう。)
    • Icon:画像ファイル名

花粉データもわかる生活指数APIについてQ&A

Q:生活指数APIの種類を教えてください。
A:傘指数API、洗濯指数API、体感ストレス指数API、ビール指数API、熱帯夜指数API、お肌指数API、スギヒノキ花粉飛散指数API、熱中症指数API、赤外線指数APIの9種類ご用意があります。

Q:生活指数APIと天気予報APIはセットで販売しているのですか?
A:はい。セットで販売しておりますので、全てのラインナップをご利用いただくことが可能です。

Q:生活指数APIの取得エリアを教えてください。
A:ピンポイントコード(全国約2000地点)または、緯度経度を指定し、指定した緯度経度から最も近いピンポイントコードの情報を取得することが可能です。

Q:生活指数APIの情報の更新頻度を教えてください。
A:1日1回の発表、最大7日間の情報を取得することが可能です。

Q:年間を通して情報を取得できますか?
A:情報により提供期間が異なります。詳細を知りたい方はこちらまでお問い合わせください。

花粉データもわかる生活指数APIのレスポンス情報

各生活指数APIの指数をご紹介いたします。(全てアイコンもセットでご提供しております。)

■傘指数API

指数:0 傘は不要
指数:1 傘があると安心
指数:2 傘は忘れずに

■洗濯指数API

指数:0 乾きにくい
指数:1 やや乾きにくい
指数:2 よく乾く

■体感ストレス指数API

指数:0 体感ストレスはほぼなし
指数:1 体感ストレスがやや大きい
指数:2 体感ストレスが大きい

■ビール指数API

指数:0 ひかえめ
指数:1 まずまず
指数:2 うまい
指数:3 最高

■熱帯夜指数API

指数:0 比較的快適
指数:1 寝苦しい
指数:2 暑くて眠れない

■お肌指数API

指数:0 べたつき警戒
指数:1 べたつき注意
指数:2 ちょうどいい
指数:3 カサカサ注意
指数:4 カサカサ警戒

■スギヒノキ花粉飛散指数API

指数:0 ほぼなし
指数:1 少ない
指数:2 やや多い
指数:3 多い
指数:4 非常に多い

■熱中症指数API

指数:0 注意
指数:1 警戒
指数:2 厳重警戒
指数:3 危険

■紫外線指数API

指数:0 弱い
指数:1 普通
指数:2 強い
指数:3 非常に強い

最後に・あわせて読みたい記事

本記事ではLifesocketの生活指数APIのラインナップのうちの花粉APIについて主にご紹介させていただきました。他にも多くの生活指数情報を取り揃えております。
30日間の無料トライアルを実施しておりますので、気になる方は是非一度お試しください。


  天気予報APIの失敗しない選び方|天気予報サービス「Lifesocket」も紹介 様々な分野で必要不可欠な天気情報は、天気APIを利用することで簡単にWEBサービスやアプリに天気情報を表示することが出来ます。本記事では天気APIを選ぶにあたってのポイントや、どのように天気APIが活用されているのかご紹介いたします。 ソケラボ



  天気API | 無料版でも機能充実!天気APIで天気予報を取得してみた 本記事ではLifesocketの無料トライアルの流れと、実際に天気APIで天気予報を取得する流れをご紹介いたします。Lifesocketでは1カ月の無料トライアル期間を設けておりますので、どのようなことができるのかお試ししたい方は、是非ご利用ください。 ソケラボ


Lifesocketメディア編集部
Lifesocketメディア編集部
当ブログは、天気予報や気象情報に関するブログメディアです。当社は予報業務許可(許可第206号)を取得、現役の気象予報士も在籍。また、航空気象システム「ARVI」、天気総合情報サイト「ライフレンジャー天気」など、多数の気象データの取り扱いがあります。これからも、天気・気象に関するお役立ち情報をお届けします。

サービス紹介資料(無料)

Lifesocketのサービス資料(全33ページ)です。APIラインナップや取得可能な情報、API実装イメージなどをご覧いただけます。フォームにご入力後、すぐにダウンロードができます。
Lifesocketサービス紹介資料

天気API:Lifesocket

Lifesocketでは天気予報や生活指数情報(花粉、紫外線など)をセットにしたAPIを提供しています。各APIは全国約2,000地点、緯度経度に対応、30日間無料で利用もできます。ぜひ、お試しください。

天気予報APIに関するお問い合わせ

サービスに関するご質問、導入や費用のご相談など、お気軽にご連絡ください。