catch-img

weather apiで「日ごと、1時間ごと」の天気データを取得

本記事ではweather api(天気予報API)でどのようなことができるのか紹介いたします。詳細な機能、レスポンス項目、サンプルについてもご紹介いたしますので、お読みいただくことでLifesocket「天気予報取得API」の具体的な仕様の理解が深まる記事となっております。

目次[非表示]

  1. 1.ダウンロード:天気APIサービス概要資料
  2. 2.weather apiとは?
  3. 3.weather apiの特徴・できること
    1. 3.1.商用利用可
    2. 3.2.月額固定金額
    3. 3.3.30日間の無料トライアル
  4. 4.weather apiの実装事例、サンプル紹介
  5. 5.weather apiの概要
  6. 6.weather api(日ごと)機能の紹介
    1. 6.1.■weather apiの概要
    2. 6.2.■ピンポイントコードの指定のリクエスト
    3. 6.3.■緯度経度の指定のリクエスト
  7. 7.weather api(1日ごと)レスポンス項目一覧
  8. 8.weather api(日ごと)のサンプル
    1. 8.1.■リクエスト
    2. 8.2.■レスポンス
  9. 9.weather api(1時間ごと)機能の紹介
    1. 9.1.■天気予報取得APIの概要
    2. 9.2.■ピンポイントコードの指定のリクエスト
    3. 9.3.■緯度経度の指定のリクエスト
  10. 10.weather api(1時間ごと)レスポンス項目一覧
  11. 11.weather api(1時間ごと)のサンプル
    1. 11.1.■リクエスト
    2. 11.2.■レスポンス
  12. 12.weather apiの導入事例
    1. 12.1.●小売り業の販促担当者の課題例
    2. 12.2.●Lifesocketからの提案
  13. 13.weather apiの価格・プラン
    1. 13.1.■価格・プラン


ダウンロード:天気APIサービス概要資料

Lifesocketではweatherapi(天気予報API)を30日間お試しできる無料トライアル期間のあるプランをご用意しています。

日々変動する天気情報を組み込むには、Lifesocketを利用すると便利です。

天気予報API画像

サービス概況資料はこちら


weather apiとは?

Lifesocketでは天気予報や生活指数情報(花粉、紫外線など)をセットにしたAPIをパッケージにしてご提供しています。さらに月単位で利用ができ、利用期間に応じて開始・終了することが可能です。他にもラインナップはございますが、今回は「天気予報・生活指数取得API」についてご説明いたします。

下記が「天気予報・生活指数取得API」で提供している情報となります。

  • 天気予報取得API(地点もしくは緯度経度指定)
    • 日別天気予報
    • 1時間毎天気予報
  • 生活指数取得API(地点もしくは緯度経度指定)
    • スギヒノキ花粉飛散指数
    • 傘指数
    • 洗濯指数
    • 体感ストレス指数
    • ビール指数
    • 熱帯夜指数
    • お肌指数
    • 熱中症指数
    • 紫外線指数

weather apiの特徴・できること

では、Lifesocketで提供しているAPIの特徴を3つご紹介させていただkます。

  • 商用利用可

    • 商用利用が可能であるため、自社サービスに天気情報を組み込んでお客様に提供することが可能です。
  • 月額固定金額

    • Lifesocketでは月額固定金額でご利用いただくことが可能です。従量課金ではないため、毎月のリクエスト数を気にせずご利用いただくことが出来ます。(分間のリクエスト制限はございます。)
  • 30日間の無料トライアル

    • weather apiを無料で30日間お試しいただけます。実装してみてから導入を検討したいという方は、まずは30日間無料トライアルでお試しください。

また、気象予報士も在籍しているため、天気に関する質問・相談も承っております。

※Lifesocketは株式会社エムティーアイ (東証第一部上場:9438)の提供サービスです。予報許可(許可第 206 号)を取得しております。


weather apiの実装事例、サンプル紹介

では、実際に実装したイメージをお伝えします。
下記画像は日ごとの天気予報取得APIから各要素を取得して、週間天気として表にしたものです。
このように、週間天気を自社のサイトやアプリに実装することが可能です。
レイアウトや天気情報の活用方法は他にもありますので、サービスにあった実装を行ってください。

天気API 無料トライアル 週間予報

また、多くの企業様に導入いただいており、こちらに事例の紹介がございますので、是非参考にしてください。


weather apiの概要

Lifesocketで提供しております「天気予報・生活指数取得API」のうち、「天気予報取得API」に関する説明です。「天気予報取得API」は日ごとの情報と1時間ごとの情報に分かれているので、まずは概要を説明いたします。機能、レスポンス、サンプルは日ごと、1時間ごと別にご紹介いたします。

  • 指定したピンポイントもしくは緯度経度指定で天気予報を取得できます。
  • 1分間の利用可能なアクセス数が設定されています。
    (プレミアム、ビジネススタンダード:3,000回/分)
    制限を超えた場合、次の1分間までアクセス回数上限エラー(E_AUTH_002)となります。

weather api(日ごと)機能の紹介

■weather apiの概要

  • 最大10日間の日ごとの天気を取得できます。

例)ピンポイントコードで取得する方法
  GET : https://www.life-socket.jp/api/v1/weather/{pinpointCode}

例)緯度経度で取得する方法
  GET : https://www.life-socket.jp/api/v1/weather/location/{lat}/{lon

■ピンポイントコードの指定のリクエスト

パラメータ

パラメータ名
必須
デフォルト
説明
PinpointCode
-
ピンポイントのコード
days

1
取得する日数(1:当日分 - 10:10日分)
lang

ja
langパラメータについて。"ja"か"en"に設定することは任意です。

■緯度経度の指定のリクエスト

 パラメータ

パラメータ名
必須
デフォルト
説明
lat - 緯度
-
パラメータlatは-90~90の範囲で指定してください。
lon - 経度
-
パラメータlonは-180~180の範囲で設定してください。
days

1
取得する日数(1:当日分 - 10:10日分)
lang

ja
langパラメーターについて。"ja"か"en"に設定することは任意です。


weather api(1日ごと)レスポンス項目一覧

下記表をご参照ください。

項目名
形式・サンプル
説明

AnnounceDatetime

string

"YYYY-MM-DDThh:mm:ss"

発表日時
RegionCode
string
"XX"
地方コード
RegionName
string
"関東"
地方名
PrefCode
string
"XX"
都道府県コード
PrefName
string
"茨城県"
都道府県名
AreaCode
string
"XXXXX"
地域コード
AreaName
string
"南部"
地域名
PinpointCode
string
"XXXXXXX"
ピンポイントコード
PinpointName
string
"取手市"
ピンポイント名
Daily
array

日ごと天気リスト

 - DateTime

string
"YYYY-MM-DDThh:mm:ss"
予報日付
 - WeatherCode
string
"XXXXX"
天気コード
 - WeatherName
string
"晴れ"
天気名
 - TemperatureMin
number
99
最低気温(℃)
 - TemperatureMax
number
99
最高気温(℃)
 - RainPercentage
number
99
降水確率(%)
 - RainQuantity
number
99.9
降水量(mm/h)
 - WindDirection
string
"XX"
風向の数字情報
 - WindDirectionName
string
"XX"
風向名
 - WindSpeed
number
99.9
風速(m/s)
 - Icon
string
"XX"
天気コード番号

weather api(日ごと)のサンプル

取手市(ピンポイントコード:1082171)のリクエストです。

■リクエスト

https://www.life-socket.jp/api/v1/weather/1082171?days=1&lang=ja

■レスポンス

{
  "AnnounceDatetime": "2018-12-06T12:13:15",
  "RegionCode": "04",
  "RegionName": "関東",
  "PrefCode": "40",
  "PrefName": "茨城県",
  "AreaCode": "80020",
  "AreaName": "南部",
  "PinpointCode": "1082171",
  "PinpointName": "取手市",
  "Hourly": [
    {
            "DateTime": "2019-12-26",
            "WeatherCode": "12903",
            "WeatherName": "曇り夜遅くから雨",
            "TemperatureMin": 1,
            "TemperatureMax": 11,
            "RainPercentage": 50,
            "RainQuantity": 2.5,
            "WindDirection": "03",
            "WindDirectionName": "東北東",
            "WindSpeed": 1.1,
            "Icon": "cloudy_aftermidnight_rain_2014.png"
    },
  ]
}

weather api(1時間ごと)機能の紹介

■天気予報取得APIの概要

  • 最大52時間先までの1時間毎の天気を取得できます。

例)ピンポイントコードで取得する方法
  GET : https://www.life-socket.jp/api/v1/weather/hourly/{pinpointCode}

例)緯度経度で取得する方法
  GET : https://www.life-socket.jp/api/v1/weather/hourly/location/{lat}/{lon


■ピンポイントコードの指定のリクエスト

パラメータ

パラメータ名
必須
デフォルト
説明
PinpointCode
-
ピンポイントのコード
hours

24
最小1、最大52
lang

ja
langパラメータについて。"ja"か"en"に設定することは任意です。


■緯度経度の指定のリクエスト

パラメータ

パラメータ名
必須
デフォルト
説明
lat - 緯度
-
パラメータlatは-90~90の範囲で指定してください。
lon - 経度
-
パラメータlonは-180~180の範囲で設定してください。
hours

24
取得する時間(最小1,最大52)
lang

ja
langパラメーターについて。"ja"か"en"に設定することは任意です。



weather api(1時間ごと)レスポンス項目一覧

下記表をご参照ください。

項目名
形式・サンプル
説明

AnnounceDatetime

string

"YYYY-MM-DDThh:mm:ss"

発表日時
RegionCode
string
"XX"
地方コード
RegionName
string
"関東"
地方名
PrefCode
string
"XX"
都道府県コード
PrefName
string
"茨城県"
都道府県名
AreaCode
string
"XXXXX"
地域コード
AreaName
string
"南部"
地域名
PinpointCode
string
"XXXXXXX"
ピンポイントコード
PinpointName
string
"取手市"
ピンポイント名
Hourly
string

時間ごと天気リスト

 - DateTime

string
"YYYY-MM-DDThh:mm:ss"
予報日付
 - WeatherCode
string
"XXXXX"
天気コード
 - WeatherName
string
"晴れ"
天気名
 - Temperature
number
99
気温(℃)
 - RainPercentage
number
99
降水確率(%)
 - RainQuantity
number
99.9
降水量(mm/h)
 - WindDirection
string
"XX"
風向の数字情報
 - WindDirectionName
string
"XX"
風向名
 - WindSpeed
number
99.9
風速(m/s)
 - Humidity
number

99

湿度(%)
 - SnowstormRisk
number
9
吹雪危険度指数
 - SnowstormRiskName
string
"XX"
吹雪危険度説明
 - SnowfallQuantity
number
999
降雪量(cm)
 - Icon
string
"XX"
天気コード番号




weather api(1時間ごと)のサンプル

取手市(ピンポイントコード:1082171)のリクエストです。

■リクエスト

https://www.life-socket.jp/api/v1/weather/hourly/1082171/?hours=1&lang=ja

■レスポンス

{
  "AnnounceDatetime": "2018-12-06T12:13:15",
  "RegionCode": "04",
  "RegionName": "関東",
  "PrefCode": "40",
  "PrefName": "茨城県",
  "AreaCode": "80020",
  "AreaName": "南部",
  "PinpointCode": "1082171",
  "PinpointName": "取手市",
  "Hourly": [
    {
      "DateTime": "2018-12-06T22:00:00",
      "WeatherCode": "12000",
      "WeatherName": "曇り",
      "Temperature": 25,
      "RainPercentage": 40,
      "RainQuantity": 0.1,
      "WindDirection": "05",
   "WindDirectionName": "北北西"
      "WindSpeed": 1.1
      "Humidity": 96
      "SnowstormRisk": 0,
      "SnowstormRiskName": "なし",
      "SnowfallQuantity": 0,
   "Icon": "cloudy_2014.png"
    },
  ]
}


weather apiの導入事例

Lifesocketではweather apiや生活指数情報(花粉、紫外線など)をセットにしたAPIをパッケージにしてご提供しています。当社の気象データの取り扱いノウハウと実績、予報許可(許可第206号)を取得した気象ナレッジで天気サービスの活用をお手伝いします。サービスの導入事例はこちらからご覧ください。また、API詳細や仕様書はこちらからご確認いただけます。

●小売り業の販促担当者の課題例

天気によって売れる商品が変わってくるので、天気に応じて自社サイトやアプリ内で効果的に商品PRをしたい。

●Lifesocketからの提案

その日の天気や特売情報を組み合わせて、お客様に商品PRを行う事ができます。
サービス上にも天気が表示させることで、さらに説得力のある情報発信ができます。


weather apiサービス表示のイメージ

weather api(天気予報API)実装イメージ


weather apiの価格・プラン

天気予報を呼び出すにしても最初から有料サービスを契約には不安、まずは無料で試したい方も多いと思います。Lifesocketでは天気予報APIを30日間お試しできる無料トライアル期間のあるプランをご用意しています。

プラン詳細はこちらから>

■価格・プラン

weather api(天気予報API)は、22,000円/月(税込)からご利用可能です。
※プランには無料トライアルがついています。

その他、気象観測データや高解像度雨レーダーの提供もございます。Lifesocketサービス詳細をご希望の方はこちらをご覧ください。



終わり・あわせて読みたい記事紹介

本記事ではLifesocketのラインナップの一つである「weather api」について紹介しました。30日間の無料トライアル期間を設けておりますので、是非1度お試しください。活用方法の相談も承っておりますので、こちらからお気軽にご相談ください。


  天気予報API|天気予報、生活指数をAPIで提供-Lifesocket- 天気API【Lifesocket】は天気情報・生活指数情報を提供する天気APIサービスです。気象業務許可を受けており、品質担保された情報を配信します。JSON形式で取得できるAPIなので、WEBサイト作成、アプリ開発など幅広く利用できます。 ソケラボ



  天気APIの失敗しない選び方|天気予報サービス「Lifesocket」も紹介 様々な分野で必要不可欠な天気情報は、天気APIを利用することで簡単にWEBサービスやアプリに天気情報を表示することが出来ます。本記事では天気APIを選ぶにあたってのポイントや、どのように天気APIが活用されているのかご紹介いたします。 ソケラボ


Lifesocketメディア編集部
Lifesocketメディア編集部
当ブログは、天気予報や気象情報に関するブログメディアです。当社は予報業務許可(許可第206号)を取得、現役の気象予報士も在籍。また、航空気象システム「ARVI」、天気総合情報サイト「ライフレンジャー天気」など、多数の気象データの取り扱いがあります。これからも、天気・気象に関するお役立ち情報をお届けします。

サービス紹介資料(無料)

Lifesocketのサービス資料(全33ページ)です。APIラインナップや取得可能な情報、API実装イメージなどをご覧いただけます。フォームにご入力後、すぐにダウンロードができます。
Lifesocketサービス紹介資料

天気API:Lifesocket

Lifesocketでは天気予報や生活指数情報(花粉、紫外線など)をセットにしたAPIを提供しています。各APIはピンポイント地点(市区町村:約2,000地点)、緯度経度に対応、30日間無料で利用もできます。ぜひ、お試しください。

天気予報APIに関するお問い合わせ

天気予報APIサービスに関するご質問、導入や費用のご相談など、お気軽にご連絡ください。