catch-img

天気API|無料お試し・商用利用できる天気予報API

APIを使ってみたいけどいきなり購入するのはためらいがある、使い勝手を事前に確認して購入したいと思った経験はありませんか?

Lifesocketでは商用利用できる天気予報APIを無料トライアルプランをご用意しています。
※アマゾンサイトにてご提供中。こちらから> (アマゾンサイトに遷移します。)

■無料トライアル期間
プレミアムプラン:3,000回/分

※30日間無料でお使いいただけます。プラン詳細はこちらから>


目次[非表示]

  1. 1.商用利用もできる天気予報API
  2. 2.サポートページを活用しよう
  3. 3.テストツールでLifesocketのAPIを呼び出そう


商用利用もできる天気予報API

Lifesocketの天気予報APIは商用利用ができます。Webサービスを始め、スマホアプリやデジタルサイネージなど幅広い分野でご利用いただいております。また、利用料金は安心の月額定額です。サービス詳細はAPI詳細ページをご覧ください。

※Lifesocketは予報許可(許可第 206 号)を取得しております。

サポートページを活用しよう

Lifesocketの天気予報APIを購入したものの、どうやってAPIを呼び出したらよいのだろう?などの疑問があるかと思います。LifesocketではAPIを組み込む際に必要な情報をサポートページ上でご案内しています。開発に必要な情報をサポートページ内で取り揃えておりますので、安心してご利用できます。

■サポートページに掲載している内容

<登録情報ページ>
 IPアドレスの登録(最大5つまで)
 アクセスキーの発行
 パスワードの変更

<開発情報ページ>
 利用制限事項
 LifesocketAPI共通仕様(レスポンス、エラーコードなど)
 テストツール
 API詳細仕様
 マスター情報

マスター情報には地点コード情報、画像情報、生活指数情報の補足説明と開発に必要な情報がそろっています。

※APIの呼び出し方法の他、よくあるご質問はQ&Aにまとめています。

テストツールでLifesocketのAPIを呼び出そう

テストツールでは地点コードなどを入力するだけでLifesocketで提供している天気予報や生活指数情報すべてのAPIを試すことができます。
下記図の赤枠で囲った「こちら」をクリックすると、Lifesocketのツールに遷移します。



テストツールを使って実際にAPIを呼び出してみたい方は、1か月無料トライアル版をご利用ください。無料トライアルはアマゾンサイトからご利用いただけます。こちらから>
※また、よくあるご質問はQ&Aにまとめています。

  天気APIの失敗しない選び方|天気予報サービス「Lifesocket」も紹介 様々な分野で必要不可欠な天気情報は、天気APIを利用することで簡単にWEBサービスやアプリに天気情報を表示することが出来ます。本記事では天気APIを選ぶにあたってのポイントや、どのように天気APIが活用されているのかご紹介いたします。 ソケラボ


  天気API | 無料トライアルでも機能充実!天気APIで天気予報を取得してみた 本記事ではLifesocketの無料トライアルの流れと、実際にAPIで天気予報を取得する流れをご紹介いたします。Lifesocketでは1カ月の無料トライアル期間を設けておりますので、どのようなことができるのかお試ししたい方は、是非ご利用ください。 ソケラボ



Lifesocketメディア編集部
Lifesocketメディア編集部
当ブログは、天気予報や気象情報に関するブログメディアです。当社は予報業務許可(許可第206号)を取得、現役の気象予報士も在籍。また、航空気象システム「ARVI」、天気総合情報サイト「ライフレンジャー天気」など、多数の気象データの取り扱いがあります。これからも、天気・気象に関するお役立ち情報をお届けします。

サービス紹介資料(無料)

Lifesocketのサービス資料(全33ページ)です。APIラインナップや取得可能な情報、API実装イメージなどをご覧いただけます。フォームにご入力後、すぐにダウンロードができます。
Lifesocketサービス紹介資料

天気API:Lifesocket

Lifesocketでは天気予報や生活指数情報(花粉、紫外線など)をセットにしたAPIを提供しています。各APIは全国約2,000地点、緯度経度に対応、30日間無料で利用もできます。ぜひ、お試しください。

天気予報APIに関するお問い合わせ

サービスに関するご質問、導入や費用のご相談など、お気軽にご連絡ください。