catch-img

乾燥対策アイテムの効果的な提案をAPIつかって実施してみませんか?

人間の肌にとって乾燥は好ましい状態ではありません。乾燥は、さまざまな肌トラブルにつながる可能性があります。一年の中でとりわけ肌の乾燥が懸念される季節が冬場です。こちらでは乾燥と気象の関係やお肌トラブルのオススメのスキンケア方法について紹介しています。天気情報を上手に使うことで効果的な商品の利用促進につなげてみませんか?

目次[非表示]

  1. 1.特に、乾燥しやすい日を提案してみよう!
  2. 2.冬場に肌が乾燥してしまう理由は?
    1. 2.1.冬は空気中の水分が少ない
    2. 2.2.室内の環境が肌の乾燥を引き起こす
  3. 3.肌が乾燥するとどんな肌荒れトラブルが起こる?
    1. 3.1.ニキビ
    2. 3.2.毛穴の黒ずみ
    3. 3.3.くすみ
  4. 4.乾燥しやすい冬場におすすめの乾燥対策
    1. 4.1.加湿器で足りない湿度を補填
    2. 4.2.スキンケアアイテムで保湿
    3. 4.3.やさしい洗顔を意識
  5. 5.まとめ



特に、乾燥しやすい日を提案してみよう!

気温や湿度が低い日は肌乾燥のリスクが高まります。肌の乾燥が予想される日は、とりわけ念入りに保湿を行い、上述したような肌のトラブルを予防するタイミングです。乾燥に必要な対策を提案やPRするにはもってこいのタイミングともいえるでしょう。Lifesocketには、気温や湿度など肌乾燥リスクを事前に知ることができる情報があります。

Lifesocketの詳細はこちらから


冬場に肌が乾燥してしまう理由は?

一般的に肌の乾燥を心配するべき季節として知られる冬。一方で、なぜ冬に肌が乾燥しやすいのかはあまり知られていません。冬の肌乾燥は、以下のような原因によって起こります。

冬は空気中の水分が少ない

空気中に含まれる水分の量は、気温によって変化します。気温の高い夏より冬のほうが、空気に含有される水分の量が少ないのです。また、湿度計などに表示されている一般的な湿度の値は「相対湿度」であり、「その温度での飽和水蒸気量に対する水蒸気の量」を意味します。そのため、湿度計が同じ40%という値を示していても、夏と冬では冬のほうが水分量が少ないのです。空気中の水分量が少ないということは、乾燥しやすいということを意味します。

室内の環境が肌の乾燥を引き起こす

気温が下がる冬は、エアコンや床暖房、ホットカーペットや電気毛布などで暖かい室内環境をつくるのが一般的です。快適な環境をつくるこうした機器が、肌乾燥の原因になることもあります。試しに湿ったタオルを床暖房の上に置いてみましょう。程なくして、カサカサの乾燥状態になってしまうはずです。肌も同じ環境にいると考えると、冬に乾燥しやすいのは当然と言えるでしょう。


肌が乾燥するとどんな肌荒れトラブルが起こる?

肌が乾燥するとどんな悪影響があるのでしょうか? 代表的な肌荒れトラブルをご紹介します。

ニキビ

乾燥状態の肌は、少なくなった水分を守るために余分な皮脂を分泌します。これは「インナードライ」と呼ばれる状態です。この状態になると、毛穴に皮脂が詰まり、ニキビの原因菌である「アクネ菌」にとって繁殖しやすい環境になるため、ニキビができやすくなってしまいます。

毛穴の黒ずみ

過剰に分泌された皮脂は肌表面の角質を混ざると、凝固して「角栓」になります。角栓は空気にふれると黒くなるため、毛穴が黒ずんで見えてしまいます。

くすみ

乾燥状態になると、肌の表面にある角質層が刺激への防衛反応として厚くなっていきます。厚くなった角質層はゴワゴワとした質感になるほか、グレー色のくすみを帯びます。これらは、低音環境により血行が悪くなりやすい冬に起こることが多い症状です。


乾燥しやすい冬場におすすめの乾燥対策

上述したような理由から肌が乾燥しやすい冬場は乾燥対策をしっかりと行いましょう。おすすめの乾燥対策をご紹介します。生活の中で実践できるケアがあればぜひ取り入れてください。

加湿器で足りない湿度を補填

エアコンの稼働により空気中の水分が失われてしまいがちな冬場の室内。環境そのものに水分が少ない状態では、肌が乾燥しやすくなってしまうのも当然です。加湿器を使用して、足りない空気中の水分量を補いましょう。肌の健康を維持するためには50~60%の湿度が適切だと考えられています。

スキンケアアイテムで保湿

普段それほどスキンケアを心がけていない方や男性の方も、冬場はスキンケアアイテムを使用してはいかがでしょうか。冬場のスキンケアの基本は「保湿」です。お風呂上りや洗顔後など、スキンケアアイテムを使って乾燥を防ぐ対策をすることもおすすめです。

やさしい洗顔を意識

汚れや皮脂を落とそうとすると、ついつい洗顔時に肌を強くこすってしまいがちです。しかし、角質層は0.02mm程度の非常に薄い層であり、とてもデリケートなため、力を入れて洗顔をするのはおすすめできません。肌に摩擦を起こさず、ハンドプレスで汚れを溶かし落とすやさしい洗顔を心がけましょう。


まとめ

乾燥によるお肌トラブルの悩みを減らすには、乾燥しがちな冬場をどのように乗り切るかがポイントです。乾燥情報は天気情報を上手に使うことで、効果的な商品利用促進につながる可能性があります。肌乾燥対策の提案やPRでお天気情報を提供したいとお考えの際はお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ

サービスに関するご質問、導入や費用のご相談など、お気軽にご連絡ください。