catch-img

選ばれる紫外線商品になるために、リアルタイムな天気情報を活用しよう!

紫外線対策の商品はたくさんあります。WEBサイト等でPRする際にお客様に選んでいただくために、どのようなPRが効果的か頭を悩ませることありませんか? 
今回はその問題を解決するかもしれないヒントをご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.紫外線対策の部位は年齢で変わる
  2. 2.天気情報からピッタリの日焼け対策を提案しよう
  3. 3.まとめ


紫外線対策の部位は年齢で変わる

20歳から69歳の男女1,000名を対象に、紫外線(UV)対策に関する意識や対策グッズの利用状況などについて調査した結果、紫外線対策をする人は65%、しない人は35%でした。また、対策をすると回答したのは圧倒的に女性が多くなっています。
対策する体の部位は上半、身特に顔周りを中心に対策している結果でした。さらに年代別で見ると60代は「目」の紫外線対策を他の世代よりも行っているという興味深い結果となっていました。
一方で対策をしないと答えている男性の半数が「日焼けが気にならないから」、女性の半数は「本当は対策したいが、面倒くさいから」という結果になりました。
(株式会社マクロミル調べ)

紫外線対策をするといっても気になる部分は人それぞれ、同じような提案の仕方だと響かないということがわかります。さらに対策への必要性を感じながらも紫外線対策をしないなど様々です。ただ言えることとして紫外線による日焼けは、メラニン色素の沈着から消えないシミを残してしまうことがあります。肌の老化や深刻な皮膚障害につながることもあるため、決して油断できないということ。


天気情報からピッタリの日焼け対策を提案しよう

一日に降り注ぐ紫外線量の目安となるのが「天気」。つまり、天気情報を有効活用することが、紫外線対策の商品提案につながるのです。例えば、「朝は曇りでも午後から晴れて日差しが強くなる。」日は紫外線対策を忘れてしまいがち。そのような時、リアルタイムで紫外線対策を教えてくれたら、利用者はぬかりなく対策ができますね。


まとめ

日焼け対策が面倒と思っている人にも年代別に対策が違っているという結果があります。天気情報とともに、年代別に商品提案を分けるということも提案するときのヒントになるのではないでしょうか。

Lifesocketでは1時間毎に天気予報データだけでなく、紫外線指数の情報を提供が可能です。WEBサイトやアプリ等で天気情報や紫外線指数と合わせた商品提案などにご利用頂けます。

天気予報や紫外線指数を活用した商品PRにご興味がある際はご検討ください。

Lifesocket 天気APIの詳細はこちらから

アマゾンサイトにて購入可能です。こちらから>(アマゾンサイトに遷移します。)

お問い合わせ

サービスに関するご質問、導入や費用のご相談など、お気軽にご連絡ください。